「人は人、私は私」〜成功法則はみんな違う〜

目次

「成功法則」はみんな違う

たくさんの情報が溢れる世の中になり、
何かを選ぶ際、
その中から何を選ぶかで、
未来が決まってしまうことがあります。

何を選ぶかが大事だということは、
何となくわかってはいるけれど、
今の時代は情報や選択肢が多過ぎて、
いったい何を選んだら良いのか?
がわからなくなっている人も多いのではないでしょうか?

そんな時にはまず、
自分は「どうしたいのか」ということを明確にしてみてください。

自分が進みたい方向でうまく行っている人の例を参考にしたり、
自分の直感を信じて進んでみたり、
身近な人の声を参考にするなど、
様々な方がいるとは思います。

話を聞けば聞くほど、
考えれば考えるほど、
何が正解なのかがわからなくなってしまうこともあります。

でも実は、
「Aさんの正解」が「Bさんにとっての正解」とは限らないように、
何が自分にとっての正解かは、
実際にその道に進んでみなければわからないのです。

やってみて調整が基本

成功法則が溢れる中で、
何が自分にとっての正解かがわからない時は、
実際に何かを選んで実際にやってみることが一番早く、
そしてそれを「調整」しながら、
自分にとっての正解を探していきます。

手取り早く成功したいがために、
「最短ルート」を知りたい人も多いとは思いますが、
あなたにとっての正解は、
あなたが実際にやってみて感じるしかないのです。

もちろんその前に、
目の前にある多くの選択肢を参考にすることは必須ですが、
「どれをやったら成功しますか?」というのは、
努力せずして結果が欲しいと言っているのと同じだからです。

何事も土台がしっかりしていなければ、
家と同じでもろく崩れてしまうからです。

「失敗」とはうまくいかない方法を見つけただけ

「失敗したくない」
「早くうまくいく方法を知りたい」
そんなふうに考えてしまうと、
挑戦することが怖くなってしまいます。

失敗とは、
よほどのことがない限り恐れる必要はなく、
多くの失敗の経験をしてこそ、
自分にとっての正解に近づくことができるからです。


発明家のエジソンが残した名言がこちらです。

「失敗?
これはうまくいかないということを確認した成功だよ」

発明家:トーマス・エジソン

この名言にもあるように、
失敗はただ単に
「うまくいかない方法を知ることができた」
というだけのことなのです。

人は人。私は私。

何をする際にも、
自分に集中できていない時には、
周りのことが気になってしまうものです。

自分はあの人より劣っているのではないか、
自分にはあれもこれも足りないのではないか・・
周りはすごいのに自分はなぜできないのだろう・・等

自分と向き合うことを忘れ、
周りと比べるようになってしまうと、
モチベーションが一気に下がってしまいます。

気持ちで負けてしまうと、
人は何をやってもうまく行かなくなってしまうことが多く、
負のスパイラルから抜けられなくなってしまうこともあります。

そうなってしまった時は、
自分と向き合うこと、
そして、
「自分はどうしたいのか」ということを
改めて確認することが大事になります。

周りの状況を知っておくことも大切ではありますが、
それに影響されすぎるのではなく、
自分が今できることに集中することです。

人は人。私は私。

あなたの正解は、
あなた自身にしかわかりません。

多くの選択肢の中から選び、
失敗を恐れずにまずは
それを実際に経験してみる。
そしてそれを調整しながら
「自分にとっての正解」を見つけていくことが
あなたにとっての成功に繋がっていくのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次