女性の経済的自立で自由に生きる

自分で人生を選ぶには、
少なからず経済力が必要になってきます。

そのとき、
自分自身が経済的に自立をしていたら、
人生の選択肢も多くなることでしょう。

目次

女性の経済的自立で自由になる

もしパートナーの収入が多かったり、
必要以上にお金を稼ぐ必要のない場合、
なかなか行動に移すことができない方も
少なくないでしょう。

しかし、
女性であっても
「経済的自立」をしていることで、
人生の楽しさも選択肢も、
とても多くなるのです。

人生を楽しむためには、
自分の裁量で使えるお金がなければ、
人生の選択肢は狭まってしまいます。

何かを選ぶとき、
誰かの顔色を伺ったり、

「それは何に必要なんだ?」
「別になくてもいいじゃないか」等
誰かの許可を得てお金を使うことは、
だいたいの場合、
我慢やストレスが積み重なっていくものなのです。

選びたいのに選べない人生から抜け出そう

生きていくにはお金がかかります。
必要最低限の生活をするとしても、
全くお金がなく生きていくことは
現実的ではないでしょう。

その時のライフステージによって、
一時的に社会から離れている人や、
長い間家庭に入っている場合など、
自分でお金を稼ぐということから
かなりの時間が経っている場合もあるでしょう。

しかし、
誰かに依存して生きるということは、
自分の決定権をなくしてしまうことにも
つながります。

欲しいものや、
やりたいことがあったとき、
誰かに頼って生きていると、
何かがあったときに
自分の道を生きることができません。

例として、
離婚を考えている女性の多くが、
自分が専業主婦のため、
家を出たくても我慢するしかない
という選択をしている人も多く、
経済的な面で、
自分の思い通りの人生を
あきらめてしまっている人が多いのです。

もちろん全ての女性が
離婚を考えているわけではありませんが、
人生の選択ができないというのは
すごく辛いものだからです。

経済的自立で人生の選択肢が拡がる

人生は、
誰であっても
自分自身で選ぶことができます。

しかしそれには、
「自分で生きていける」という
自信があってこそ。

変化の多いこの時代に、
自分で稼ぐ力を持つということで、
「自分で生きていける」という
自信を持つことができるのです。

自分にはできないと思っていても、
いざやってみると、
できないという枠を作っていたのは
自分自身だったということに気づく。

人生を自分で選べるということを実感すると、
いろいろな可能性が拡がり、
人生が楽しくなっていくのです。

経済的自立で精神的にも自由になれる

以前は、
男性が定年まで働き、
女性は家庭を守る。

家事や育児は女性の仕事で、
そんな中でもキャリアの中断も
女性にとっては避けられないもの・・

そんな時代がありました。

しかし今では、
年金制度や終身雇用制度も含め、
先のことはどうなるか
全く先が読めない時代です。

そんな不安定な時代の中、
高齢化が進み、
先の長い人生を生きる中で、
女性の経済的自立が、
自然なことになっていくでしょう。

経済的な自立で自由を得ると、
ストレスがなくなり、
精神的にも自由になります。

依存している関係から、
お互いに自立している関係は、
とても居心地が良いですし、
人生の選択肢が増える。

相手に必要以上に求めることもなければ、
何かを選ぶときに、
顔色を伺わなくても良い。

これからは
女性であっても
経済的自立をする人が
どんどん増えていくのだと思うのです。


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる