大人の学び〜社会人大学生〜

2021年の秋、
大学3年に編入し、
「経営学」と「心理学」を学びはじめました。

なぜ今「経営」を学びはじめたのか?
それには理由があります。

目次

なぜ今「経営学」を学ぶのか〜社会人からの学び〜

2017年に起業し、
自分軸を確立したい女性や
起業を目指す方、
すでに起業をしていて、
よりステージアップをしたい方向けに、
講座やコンサルを行ってきました。

多くのクライアントさんに向き合い
サポートさせていただく中で、
ふと疑問に思ったことがありました。

世の中にはたくさんの起業塾があるけれど、
「実際に起業をして売り上げを上げている人はいったいどのくらいいるのだろう?」と。

そして、
「起業したいと願い、
自分らしく働きたいという夢を持つ人たちの本当の望みは何なのだろう?」と。

「起業することが目的」になっている?

起業塾の講師をしていたこともあるので
様々なクライアント様と向き合ってきました。

そこで、1人1人に質問をしていくと
その人が持つ
「本当の起業の理由」がわかるのです。

それは
「今の仕事が嫌だから辞めたい」
「たくさんお金を稼ぎたい」
「SNSで発信がしたい」
「自由に働きたい」
「SNSに出ているような生活がしてみたい」
「資格を活かしたい」
「世の中に貢献したい」などの気持ちです。

起業してからどうしていきたいかが大切

起業をする事が目的であれば、
すぐにでも開業届を提出しに行けば
数分で個人事業主になれます。

そして、ゼロからイチをはじめる人であれば、
各種SNSのアカウントを取って、
いますぐに発信をすることもできます。

世の中にはたくさんの講座やコンサルがあり、
「SNSの使い方」や
「世界観の作り方」
「フォロワーの増やし方」
「発信の仕方」
「カスタマイズの方法」等を
教えてもらうことができるでしょう。

ネットやYouTubeには、
たくさんの無料動画が出ていますので
それを見ながら設定すれば簡単にできます。

しかし、起業するのは簡単だけれど、
その後にどうしたいのかが、
はっきりと見えていなければ、
やがて近いうちに、
自分のサービスをお金に変えるということの
現実を知ることになります。

そして、その人自身が持つ、
「起業をしたい本当の目的」が
見えていなければ、
そこで自分自身を見つめ直すことになるのです。

行動と結果は比例する

起業を目指し、
各種SNSをスタートし、
たくさんのお客さまが一気に集まって、
たくさんのお金を稼いで好きなことができる・・
そしてその後は安定した収入を稼ぎ続ける・・

という夢を描いて、
起業を目指す人は今でも多いです。

そしてそれを実際に現実にすることを、
不可能だとは言いません。

なぜなら、
行動力と成果は比例するからです。


人は、好きなものには没頭できるので、
無我夢中で行動しまくれば、
成果は表れてきます。
その方向性さえ間違えていなければ。

しかし、
短期間でそれをやろうとすると
土台がもろいために、
短命で終わってしまうでしょう。


または、
何も得ないまま、
いつの間にかお金だけがなくなっている・・
ということも実際にはあるのです。

「起業をしてどうしたいのか?」を自分に質問してみる

そこで、
はじめる前にちょっと考えて欲しいのです。

「起業をしてどうしたいのか?」を。

そこには大きく分けると
2つのタイプに分かれるのですが、
いったいどちらなのかを
自分自身に質問してみると良いでしょう。

①自分の強みや持っているものを、
社会のために活かしたいのか?
そこに私欲だけになっているものはないか?

それとも、

②今の仕事が嫌だから起業したいのか?
自分自身が好きなものを買ったり、
贅沢をしたいから起業したいのか?

この質問の答えを考えるとき、
自分がなぜ起業をしたいのか?
という本当の目的がわかると思います。

となると、
「起業じゃなくても良いのかも?」
と思うかもしれません。

継続して稼ぎ続けるということ

打ち上げ花火のように
一発屋で終わるのであれば、
あれこれと策を練り、
高額商品を売ることもできるでしょう。

しかしそれでは、
時間と共に悪い噂が拡がり、
ネット社会の今では、
簡単に検索で調べることができるため、
その評判が簡単に拡がっていき、
だんだんと集客ができなくなっていくでしょう。

起業をしたいのであれば、
まずはじめに、
何事も自分で調べてみるクセをつけることも大切です。

起業をするのは簡単でも、
「集客をする」という最初のハードルを超え、
そして「それを継続していく」ということ、
そしてその難しさを、
私自身はコンサルの最初にクライアント様にお伝えします。

現実的なことを聞きたくない方も
実際には多いと思いますし、
そのように言わない方が主催者側としては、
稼ぐこともできるのでしょうが、
実際には「起業すること」が目的なのではなく、
そのさきの未来の方が大切だからです。

「起業をして経済的自立をしたい」とか、
「時間を自由に使えるようになりたい」とか、
「年齢に関係のない働き方をしたい」とか、
「世の中にサービスを提供したい」とか、
そういった目的がその先にあるはずです。

だからこそ、
最初の段階でしっかりとお伝えすることが必要だと思うからです。

経営学の深さ〜座学より実践ではあるけれど〜

コロナをきっかけに世の中の働き方が
大きく変わり、
副業を始めたり、
会社を辞めて、
自分で仕事をはじめる人も増えてきました。

そんな中、
しっかりと経営について学び直そうと思い、
大学に編入するということに決めたのです。

もちろん仕事は座学ではなく
「実践」してこそ意味がある・・
いうことは承知の上ですが、
それでもやはり、
体系的にビジネスを学ぶということは、
断片的なインプットとは違い、
より深く学ぶことができ、
実際の仕事にも大きく役立っているのです。

時代が変わり、
働き方が変わる中で、
起業をしたい、
副業をしたいという人が増えています。

ネットに溢れる多くの情報を見ると、
いったい何が良くて
何が悪いのかがわからないかもしれません。

でも、
あなたにとっての「目的」が
はっきりしていれば、
誰から学んだら良いのか?
それにはどの道を通れば良いのか?は
何となくでも見えてくると思います。

起業をしたいと思っている人へ。
『あなたはなぜ起業をしたいのでしょうか?』

この機会に
じっくりと考えるきっかけになったら
嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる